「門司港ららばい」あらすじ

ABOUT

「門司港ららばい」あらすじ
東京で暮らして主人公の「やよい」は日々何か満たされない気持ちで、いつもどこか寂しさを感じていた。誰かに救いを求めていた。 両親との関係はあまりよくなく、大好きだった祖母も亡くなった。祖母は生まれ育った門司港の海に散骨してほしいと言い残し、両親は和布刈神社に散骨をお願いした。 祖母の散骨を自分の手で行いたいと思い、初めて門司港を訪れる。 門司港に行けば祖母に会える気がした。そんな気持ちで行った門司港で祖母の門司港ららばいをたどる。 祖母の門司港ららばいを調べていく中で門司港の人と触れ合っていき、その人達の温もりや門司港の景色が少しずつ心を満たしていく。 門司港に滞在するたった数日間が主人公の心を静かに大きく変える。 門司港を舞台にしたヒューマンドラマ。
VIEW MORE